コンビニより多い歯医者。今後どうなる!?

歯医者は儲かる――そんなイメージはもう捨てた方が良いのかもしれない。

歯医者の収入面の分析によると、「100人中5人は所得ゼロ」、「5人に1人は月間所得25万円でワーキングプア寸前」とのことらしい。

それ以上には、「夜逃げ」した歯医者もいるというから恐ろしい社会だ。

世間一般的に高所得が望めるとされてきた歯医者の世界にも「不均衡社会」がついに到来した。

昨今コンビニより歯医者を見つけるほうが簡単だ

そのバックグランドにあるものとは?歯科診療所の過剰が挙げられるだろう。

厚生労働省によれば、医療診療所の数は6万7,441件(2006年調べ)。
どこへ行っても絶対目にする、全国に4万店舗あると呼ばれるコンビニエンスストアの数を大きく上回っている。

それ以上に、人口10万人あたりの歯医者師数は全国平均72.6人(04年調べ)で、東京都に至っては119.9人に上る。御堂筋沿線で技術力のある歯科医師を求めているなら、心斎橋近くの歯科医院「ミント歯科」をイチ押しします。とっても丁寧で心配のいらない治療が受けられます。

1975年に37.5人、98年に67.7人、今はそれからそれ以上に増加し続けていて、まさしく、うなぎのぼりの状況だ。

10万人あたりのコンビニ店舗数が33店舗前後(02年経産省、04年帝国書院調べ)であることを考えれば、その「過剰さ」が分かる。

もはや、「コンビニよりも歯医者が多い」とは歯医者師からすれば「常識」だ。
こういった歯医者師数の過剰が、歯医者師に「不均衡」をもたらし始めている。

厚労省が公表している「医療経済実態調査」(中央社会保険医療協議会調べ)によると、個人歯科診療所の差額収支(医業収入から費用を引いた実質的な収入)は05年6月時点で月当たり約135万円。
個人歯科診療所の歯医者数は平均1.2人。

簡単計算で月給100万円ほど。

だけども、これに歯科衛生士・事務職員などを加えれば、個人歯科診療所の構成員は4.2人が全国平均。

歯医者の収入は100万を大きく下回る。

それ以上に、経済誌「月刊東洋経済」(07年4月28日・5月5日合併)は、この「医療経済実態調査」に『歯医者療白書』(03年、日本歯医者師会)の分析を考慮し、「5人に1人の月間所得は25万円程度」「100人中5人は所得ゼロ」であることを導き出している。

言わば、20人に1人は「ワーキングプア」、5人に1人も限りなくそれに近いことになる。

98年には厚労省の「歯医者師の需給に関する考察会報告書」で歯医者師の「供給過剰」に関して議論されたこともあったが、「未熟な開業医が多く排出される」という懸念が主体となるもので、歯医者師の収入の「不均衡」に関しては多くは触れられていなっかった。

大切な噛み合わせの不一致は、顎関節の病気である顎関節症の要因の一部ではあるとされていますが、他にも遠因が必ずあると認識されるようになったようです。
カリソルブは、簡単に言えば「現代科学の技術によって虫歯になっている部分だけを溶かす治療薬」です。それを使っても、むし歯以外の箇所の歯には全く被害のない便利な薬です。
本来なら歯科医の数が多いと、しっかりと患者さんを診てくれそうなイメージがありますが、ともすればそんなところは流れ作業みたいに、患者さんの処置を行う施設も存在するようです。
乳歯は永久歯と違い、歯のエナメル質や象牙質の分厚さがおよそ半分程度しかないのです。とりわけ再び歯を石灰化する力も乏しいため、むし歯の原因菌に軽々ととかされてしまいます。
ドライマウスの患者の多くが感じる愁訴は、口内がカラカラに乾く、喉が渇くという事がほとんどを占めます。症状がきつい際には、痛み等の苦痛な症状が現れてしまうこともあると言われています。

歯科医師による訪問診療の時は、医師による治療が終了してからも口腔ケアをしに、ある一定の頻度で歯科衛生士達が、伺う事が頻繁にあるとの事です。
審美歯科にあっては、外見だけではなく、噛み合わせや歯並びの不具合の修整をし、そうすることで歯が持つ本質的な機能美を蘇らせるということを追求していく治療の技法です。
数が少ない口腔外科とは、ムシ歯や歯槽膿漏更には入歯の処置だけにとどまらず、口腔内で出現するさまざまな症状に強い診療科目の一つです。
すべての社会人に対してもいえますが、歯科衛生士を始めとして医療機関の現場に関わる人は、とても仕事中の格好に気をつけなくてはいけないとされています。
ホワイトニングの処置をしないとしても、歯にできているヒビ割れを無視しておくと、象牙質が破損してしまい、環境の冷たい外気や冷たい食べ物がかすめる度に痛む事があるといわれています。

これは顎を動かす時に、顎の関節に異音が起こるもので、顎関節症の病状としてはもっとも頻繁に出現しており、なかんずく第一段階で頻繁に発生している特徴です。
口内が乾燥するドライマウスというのは、ストレスが発端で発症することもよくあるので、更に今からの社会では、忙しく働く男性にも発症する危険性は少なからずあります。
針のない無針注射器シリジェットと様々なレーザー治療器を併用して処置すると、むし歯から口内炎まで、あの痛みをほぼ与えずに治療を実施する事ができるようです。
ここのところホワイトニング経験者が多いですが、そうした際に採用した薬剤が一因となって、凍みるように痛む知覚過敏の徴候を発生させる事が考察されます。
標準的な歯ブラシでのケアをぬかりなくしてさえいれば、この3DSの効能でムシ歯の原因となる菌の除去状態が、多くの場合は、4ヶ月から半年ほどキープできるようです。