歯の漂白(ホワイトニング)

歯を白くすることをブリーチングあるいはホワイトニングと言います。
90年代後半から審美歯科という領域がポピュラーになりつつあると一緒によく話に聞くようになりました。

また日本でも、それに用いられる薬剤(歯牙漂白をする)が許可されたのも、広く実施されるようになってきた一つの要因です。

当初は漂白=ブリーチングという言葉が利用されていましたが、今日はホワイトニングというほうが世間によく認知されているようです。

歯を白くするやり方にはいろいろ見られます。

1.歯を削る場合:歯の表面を0,5mm~1mmほど削りその部分にそれに該当する分の白いセラミックを張り付けて白くする「ラミネートベニア」

2. 歯を削らない場合:文字通り、白いかぶせ物をして歯を白くする「被せ」

3.生きている歯を白くするやり方(歯髄が死んでいないと言う意味)「バイタルブリーチング」

これには2種類あり、ホームブリーチング=自分で毎日薬剤を塗るやり方と、オフィスブリーチング=歯科医さんで実施される漂白法、というものに分かれます。大阪で良い審美歯科治療を受けたいなら、大阪駅からも15分もあれば通える大阪中央審美ホワイトニングサロンが良いですよ。最新技術と清潔感溢れる院内、更には治療器具はほとんどがディスポーザブルタイプを使用しています。

言うまでもなくこれは両方利用することも見られます。

4.神経が死んでしまっている歯の場合には:その神経の処理をした穴の中から漂白するやり方「ウォーキングブリーチ」

できることなら歯を削る必要もなく処理したいものです。

今日、薬剤が成長したことで、このバイタルブリーチングが上手にいくようになったので注目を集めています。

ここからはこのバイタルブリーチングを中心にご説明したいと考えています。

まず、歯が白くなるのはなぜ?というところですが、歯の漂白に使われる薬剤は2つあり、過酸化水素、過酸化尿素過ホウ酸ナトリウムです。過酸化尿素は過酸化水素と尿素が弱く化合して、徐々に過酸化水素になるというものです。

そういうわけで働きとしては過酸化水素と同じになります。

この過酸化水素が歯牙の漂白に関してどう作用するのかは詳しいことは未だわかっていませんが、過酸化水素が分解した時に出現するフリーラジカルという物質が、歯牙の着色物質を酸化分けて無色化するのではないかと考えられています。

この過酸化尿素がホームホワイトニングの際に使われ、長い時間、薬剤が歯の表面に作用することによって象牙が漂白されることになります。

それに、オフィスホワイトニングでは短時間に30%以上の高濃度の過酸化水素を歯の表面に働きさせることによって漂白を実施します。


安全性は安全なの?

ホームホワイトニングで用いる薬剤はオキシドールと同程度の濃度の過酸化水素になるので毒性はほぼ問題になりません。

時たま「無カタラーゼ血症」という病気の方がいますが、こんな場合には漂白不可能です。

またオフィスホワイトニングの場合は薬剤を飲み込まないような処理を実施します。

副作用としては急激なホワイトニングによって、知覚過敏が出現することが見られます。
それに、副作用ではないのですが、そうそうは白くならなかったり、また一回白くなっても少し後戻りしたりということが見られます。

反面、糖尿病側から考え合わせると、歯周病になるがために血糖値の調節が困難になり、それを引き金として、糖尿病の加速を誘引する結果になることがあるのです。
きちんとした日常生活に注意し、唾液によった復元作業にさらに拍車をかけるという主題をよく考え、重要なムシ歯の予防という点について熟考する事が良いのです。
歯と歯のかみ合わせの異変は、口の開閉に支障をきたす顎関節症の素因を成しているものではありますが、それとは異なったきっかけが確かにあると捉えられるように変わってきたそうです。
是非心がけてほしいのは虫歯の引き金となる虫歯菌や歯周病菌を赤ん坊への感染から守るためにも、婚姻を目前に控えた女性の方は歯の診察は、余すところなく完治させておくのが良いといえるでしょう。
どのような職業の労働者にも該当することですが歯科衛生士みたいに医療機関の現場に勤務している人は、とても勤務中の身だしなみに気を配らなければいけないとされています。

歯列矯正を行えばスタイルに引け目で、悩みがある人も明るさと誇りをよみがえらせることが可能となるので、肉体的にも精神的にも満たされた気持ちを取得することが可能です。
あまり知られていませんが、むし歯は、むし歯の菌が歯を溶かす速度に、歯を再び石灰化する機能(溶け出た歯を元の通りに戻す現象)のペースが負けてくると罹ってしまいます。
歯に付着してしまう歯石は、プラークとは異なり硬いため、ハミガキで取り除くことが難しくなるだけではなく、そこが細菌に適した家となり、歯周病を招くのです。
歯科で使われているエムドゲインを歯周外科治療の施術中に塗れば、最初に歯が生えてきたような状況とよく似た、強固に固着する歯周再生の進展が実現します。
口臭が気になって、歯みがきガムや洗浄液をよく使っているのだとしたら、歯垢を排除する対策を始めにトライしてみてください。あの気になる口内のニオイがマシになってくると思います。

自宅訪問する歯科診療の場面では、医師の施術が終了してからも口腔内をケアをしに、ある一定の頻度で歯科衛生士達が、お邪魔させていただく事がけっこうあるそうです。
患者の希望する情報の提供と、患者が判断した自己判断を軽んじなければ、結構な任務が医者へ広く求められるのです。
就寝中は唾液を出す量がことさら少量で不足するため、歯を再び石灰化する機能が働かないため、口中の中性状態を保つことができないのです。
例えば噛みあわせの問題の中でも特に前歯がよく当たってしまう場面では、噛みあわせる毎に力が、上顎の骨の前部や鼻の骨にかかってきます。
今では耳慣れたインプラントとは、歯肉内部に在るあご骨に、チタンで作られた人工歯根を打ち込んで、そこに歯科技工士が作った歯をしっかり取り付ける治療のことです。